《人間関係の整理》が、物事を最も大きく動かす

 

 

こんにちは。今日も整理の話です。

 


一言で“整理”と言っても、書類の整理、物の整理、人間関係の整理、心の整理など、いろいろあると思います。

 


そして、中でも、物事を大きく動かす、トップダウン的な効果があるのが、


《人間関係の整理》


だと、私は思っています。

 



例えば、まず、「こういう人たちとの人間関係をきっぱりさせたい」と、決めたとしますよね。


すると、次に、〈その人たちにまつわる物事の整理〉にとりかかれるようになります。


“物事”なので、それらは、物質的な物、書類、契約関係など、少し幅広いですよね。


〈心の整理〉も、それに続いて、否応なく、なされていく部分もあるでしょうね。




このように、まず、大きく「○○な人間関係をやめます」と決めると、それが土台になっていたあらゆる関係性が終了します。


そして、次の段階で、〈自分が新しく望んでいること〉に基づき、新たな関係性が築かれていきます。




「○○との関係を卒業します」と決めると、物事も大きく進展しますが、


不思議なことに、それに伴う〈物の整理〉において、意外なところから、お金や、換金できそうなちょっとしたお宝が出てきたりもします。


「○○さんとの関係性をきっぱりさせます」と決めるきっかけとなった出来事は、起こるべくして起こっているのです。