· 

金融機関とは、“相性”あるかも。

 

 

こんにちは。今日は他愛ない話をします。

 

 

私が資産運用を始めたきっかけは、『あるじゃん』という雑誌。

 

「わぁ~、こんなおもしろそうな世界があるんだーー」と、知って始めたのが、学生の頃か社会人になりたての頃か、もうだいぶ前なので忘れたのですが、その頃です。

 

 

いずれにせよ、社会人になり少し経ったある日、

 

「○○ちゃん?(私の名前)」

 

と、口座を持っていた証券会社から、同い年くらいの女性の声で電話がありました。

 

それは、学生時代の同期のYさんでした。

 

「いいなあ~…」と、私の勤め先を知って言う彼女の声は、“仕事が大変なのかな”と思わせる響きをしていました。

 

私の勤務先とは、彼女が卒業した高校だったのです。

 

当時の主観でも、今振りかえっても(職場としてはあまりよくないよ)というのが、私の本音。

 

けど、高校時代の彼女の思い出を壊さないように、それは明かさずにいました。

 

 

その後もその証券会社で資産運用を続けました。

 

「金融機関が推してくる商品に振り回されてはいけない」ということは、初期に失敗もしながら学習しました。

 

うん、でも、この会社では、総じて気持ちのよい運用ができたと思います。

 

 

その後、整理のため、いったん口座を解約。

 

そして、先日、再び、この会社に口座を持つことにしました。

 

 

証券会社とも縁や相性があるよ。

 

今日はそんなお話でした。