· 

【エンパス】誰かがつくった古い世界観にもう住みたくなくなったら

 

 

こんにちは、りるです。

 

最近は、

長いことしていた契約のうち、

自分に合わなくなったものを

手放したりしていました。

 

 

多くの方に

理解していただくものではない

のを承知で、

 

“エンパス気質”の私ならではの

感じ方を書かせていただくと、

 

 

〈大きな組織〉 対 〈個人〉

という消費者契約では、

 

その〈大きな組織〉が持っている

人間観・世界観に、

 

〈個人〉である私たちが、

住まわされてしまうと思うんです。

 

 

けっこう古い

人間観・家族観・世界観

をお持ちの組織、

そこに属する方…。

いらっしゃいますよね。

 

 

商品・サービスは悪くなくても、

その方々の古い世界観に

住まわされているような感じがして、

居心地が悪い。

 

そういう契約のたぐいを

また少し手放してみました。

 

 

 

自論ですが、

エンパス気質である私にとっては、

 

《自分のポジティブな世界》

        >

《自分が住んでいる誰かの世界》

 

となって、初めて

バランスを取ることができます。

 

 

後者の

《自分が住んでいる誰かの世界》が、

ポジティブな世界だと

ベストなのですが、

必ずしもそうはならないですよね。

 

 

そのため、常に、

 

前者

《自分のポジティブな世界》

を強化することと、

 

必要に応じて

後者

《自分が住んでいる誰かの世界》

と距離を置くことが

大事になってきます。

 

 

何かを手放すのも

『変化という刺激』です。

 

少しずつ慣れながら

ゆっくり進めてきましょう。

 

 

(この記事はHSP気質の方にとっても

共感できるところがあれば幸いです)