· 

シンクロニシティを感じ取るには、とある《循環》が成立していることが大事

 

 

こんにちは、りるです。

 

 

以前、こちらの記事で、

シンクロニシティが起きるには、

体調が大事だ、

と、書いております。

 

体調も、もちろん、大事です。

 

 

そして、それ以前に、

 

「これ、シンクロニシティかも」

と、瞬時に感じられるのって、

 

【自分が心から願っていること】

 

に対して、

何らかのフィードバックがあり、

 

それを受け取れた時

ではないでしょうか。

 

 

さらに、

【心から願っていること】

について、

 

私たちは、

自然と積極的に

 

情報を得ようとしている

のではないでしょうか。

 

 

 

例えば、最近、私は、

「髪を今とは違う色にしたい」

と、思いました。

 

すると、ある時、

YouTubeを見ていたら、

新しいヘアカラーのCM

流れてきました。

 

「そうそう、

まさにこういう色にしたい!」

と、商品情報を調べて、

近日中に買いに行きました。

 

 

このように、

【心から願っていること】

について、

 

私たちは、自然と積極的に、

情報にアクセスして

受け取ろうとするように思います。

 

 

同じように、資産運用で、

「今は為替取引が楽しいから、

当面の間、

為替取引で収益を出していきたい」

と、願ったとします。

 

心からそう思うと、

自然と積極的に、

それが上手になるための情報に

アクセスして、

受け取ろうとします。

 

 

 

つまり、

これまで書いてきたことを

短くまとめると、

 

(1) 願う

(2) 叶えるための必要な情報に

  アクセスする

(3) その情報を受け取る

 

この循環ができていることで、

シンクロニシティが起こりやすくなる

と、言えそうです。

 

 

 

だから、例えば、

 

〈なんとなく、今、為替のチャートを

 見たほうがいいと思った〉 →  (1)

 

〈チャートを見る〉 →  (2)

 

〈買い時の形状をしていた〉 →  (3)

 

ということが起こりやすくなるのも、

上記の循環においてなのですよね。

 

 

 

そこで、冒頭で書いた

体調に関してなのですが、

 

体力的・精神的に余裕がない時は、

上の循環のうち、

少なくとも1つからすべてが、

少し難しい状態にあり、

 

循環自体が

成立できずにいるのだと思います。

 

 

 

私もそういうことはあります。

 

そういう時は、

資産運用から少し離れます。

 

もしくは、

こちらの記事で書いたように、

事前に用意しておいた、

資産運用のルーティンワークだけを、

やるようにしています。