【物と資産の管理】取り扱いやすいものを取り扱う。そうじゃなければ手放す。

 

 

こんにちは、りるです。

 

今月は、私自身が、

「うまく取り扱えてないよなあ」

と思うものを、

少し手放してみました。

 

 

もらったり受け継いだりしたものの、

それについて知識がなく、

また、趣味ではないものなどです。

 

前は趣味だったけど、

今はそうでもなく、その知識に

長らく触れていないものなんかも、

そうですね。

 

 

詳しいわけでないものを、

市場価格がいまいちよくわからない、

いわゆる、非公開の場で手放す。

 

「あまり、公正な取引は

 できてないかもな」

なんて、思ったりもするのです。

 

 

それだったら、

市場で価格が公開されている、

株式などの金融商品は、

比較的取り扱いやすいなあと、

個人的には思ったりします。

 

 

そんなわけで、

 

【取り扱いにくい】

と感じるものは手放し、

 

【取り扱いやすい】

【取り扱える】

ものだけを、

身の回りに置いておきたいです。

 

 

重量があるものや、

取り扱いに一手間以上かかるものも、

私の中では、取り扱いにくいもの

かもしれません。

 

 

逆に、使いきって手放しやすい、

日常の消耗品などは、

私にとって取り扱いやすく、

優しいものかもしれません。